髙見憲弁護士が、日本弁理士会関東支部主催研修会「侵害訴訟の最前線~証拠収集から損害論まで~」の講師をいたします。

【日時】 2018年3月7日(水)14:00~16:00

【会場】 弁理士会館3階会議室(千代田区霞が関3-4-2)

【内容】

侵害訴訟は経験してみないと分からないことが多いのも事実です。とはいえ、あらかじめ知識として知っているか否かにより、クライアントからの相談時の対応や、現実に訴訟に関与した場合の理解度・対応が変わってきます。

本研修では、弁理士を経験して弁護士となり、現在、知財訴訟を専門に扱う講師が、侵害訴訟を提起するか否かの判断時の検討事項、証拠収集の手段、仮処分を打つべき場合、分割出願の戦略的活用、対抗主張(いわゆる訂正の再抗弁)のポイント、無効審判請求の是非、損害論の実務、和解の是非等、現在の侵害訴訟の最前線の実務を踏まえて、実例を交えてお話しします。